便秘 下剤

腸セラピー

下剤は使用してもよいですか?

辛くて頑固な便秘が続く場合、

 

いたしかたなく下剤などの便秘薬に頼ってしまう方たくさんいますよね。

 

 

CMも盛んに流れ、薬局でもずら〜っと陳列されています。

 

 

札幌 エステ

 

 

そもそも、下剤は便秘体質を根本から治す薬ではありません。

 

腸を刺激したり、便を柔らかくするなどして

 

腸に負担をかけて無理に排泄を促すもの。

 

 

下剤を継続して使用すると、

 

腸本来の力が衰え、動きが鈍くなって弱っていきます。

 

 

結果、便秘が慢性化し、飲むがどんどん増え、

 

あっという間に下剤なしには出なくなります。

 

 

いわゆる「下剤依存症」に陥るケースが多いのです。

 

 

 

下剤依存症になってしまうと、

 

その下剤により腸の働きが弱ることで、

 

 

腸の消化吸収力も低下して

 

慢性的な水分不足や栄養不足に陥ってしまいす。

 

 

その結果

 

冷え性やムクミ、頭痛、肥満、自律神経障害など

 

様々な不調の原因にも。

 

 

腹筋が弱って自力で出せない高齢者や

 

特段の事情がない限り

 

 

薬には副作用があることからも

 

安易に下剤を飲むことはお勧めいたしません。

 

 

 

また、アントラキノン系の下剤を長期間使用すると、

 

大腸の粘膜が黒くなる「大腸メラノーシス(大腸黒皮症)」

 

という症状を起こすことがあります。

 

 

 

漢方・生薬系で腸に優しそうなイメージの

 

センナや大黄、アロエなども、ここに含まれます。

 

 

 

発症すると大腸の壁が厚くなって神経機能が悪化し、

 

さらに便秘がひどくなるケースも。

 

 

 

便を出すことを優先するがために毎日毎日、

 

その下剤で腸を弱らせていて

 

 

自分で自分の便秘を悪化させてしまっている

 

ということに気づいてほしいです。

 

 

 

どうしても下剤を使用したい場合は、

 

成分まできちんとチェックし、長期間の使用はしないよう心がけましょう。

 

 

(どっさりスッキリ!!的なお茶などに含まれる成分にもご注意を)

 

 

長年の下剤を卒業したお客様のお声は
>>>コチラ

 

札幌 エステ