札幌 エステ

浅い呼吸が体に与える影響

サロンでは施術の前のウォーミングアップとして

 

 

ふか〜い部分にある筋肉をゆるめるストレッチをしたり

 

 

 

ストレッチポールで歪みや筋肉の緊張を和らげるなどの

 

 

方法を取り入れております。

 

 

 

日頃の姿勢のくせやデスクワークなどのお仕事で、

 

 

だいたいの方が肩が内に入り、

 

 

 

胸の上(小胸筋)がカッチカチに硬直。

 

 

 

優しい力でも眉間にしわが寄っています(笑)

 

 

 

ここのコリが強い方は、同時に呼吸も浅くなっているんですよね。

 

 

 

でも、呼吸が体に与える影響は想像以上に大きいんです!!

 

 

以前にも記事にかきましたが、

 

 

普段から、呼吸が浅いと、

 

細胞の「酸欠」と「栄養失調」に陥ります。

 

 

そして呼吸は血流をコントロールしているので、

 

・むくみ
・便秘
・冷え症

 

などの体の不調、

 

 

更に呼吸は自律神経を支配しているので

 

 

 

 

常に早く浅い呼吸が続くとこのバランスが乱れ、

 

 

いつも緊張感が抜けなかったり

 

 

セカセカ、イライラしたりすることも。

 

 

そうしてリラックスできない状態が続くと、

 

精神が疲れ切ってしまい、

 

 

カラダは危険を察知して副交感神経へと一気に傾きます。

 

(強制的にリラックス神経へ)

 

 

 

それが何にたいしてもやる気が起きずに、

 

無気力なうつ状態になりやすいケースもあるとか。

 

 

いわゆる「自律神経のバランスの乱れ」

 

 

これを自ら調整できる手段、

 

それは「呼吸」です。

 

 

 

忙しいとき、ストレスがかかっているな〜と感じるときこそ、

 

 

ふか〜い呼吸を意識してみてください。

 

 

 

 

 

新鮮な酸素が体内に充満し、

 

細胞の一つ一つも元気になります!

 

 

腸も深〜い呼吸・リラックスが大好きです。

 

 

そして落ち込んだ気持ちも元気になってきます。

 

 

「当たりまえにしている呼吸を意識する」

 

 

簡単な健康法です。

 

札幌 エステ